弁護士になるには

弁護士になるには国家資格に合格する必要があります。弁護士は法律のプロであると言いましたが、それはそれは広い範囲に及びます。法律というのは様々な方面で存在しているものですので、それらを把握し、適切な判断が下せるようでなければなりません。

弁護士の資格は難しく法科大学院などに行く人が多くいます。そうした法律のことを專門に勉強する学校のことをロースクールと呼び、ここを卒業してから司法試験を受けるのです。司法試験に受かった後は司法研修所と呼ばれるところで、裁判官・検察官・弁護士の指導を受けつつ、実際の裁判を体感しながら弁護士になるための勉強をします。そしてその司法研修所を卒業するにもやはり試験に受からなければいけません。そこで試験に合格して初めて弁護士となることができるのです。